「天才」と称される世界的なクラリネット奏者ジュリアン・ブリスと、著名な楽器製作者モリー・バックンの共同作業により生まれたのが「ルブラン・ブリス・クラリネット」です。
天才のアイディアと名匠バックンの技、そして歴史あるルブラン社の伝統がひとつに結実しました。

ルブラン・ブリス・クラリネットには、オリジナル設計のバックン・ベルとバックン・バレルが採用されています。
もともとカナダのバンクーバーでリペアショップをスタートさせたモリー・バックンは、クラリネット奏者たちと接するなかで考案した金属リングのないバレルを思いつきます。これを当時のバンクーバー交響楽団首席奏者ウェスリー・フォスター氏のために製作したところ大評判になり、 以後、またたく間にアメリカやヨーロッパの著名なクラリネット奏者たちが使用するようになりました。

ルブラン・ブリス・クラリネットに採用されたバックン・ブリス・バレルは、反応も速く、息が入りやすく豊かな響きを作ります。また、バックン・ブリス・ベルはあらゆる音域で均一な鳴りをもたらし、音と音を滑らかにレガートでつないでくれます。

こちらは管体、ベル、バレルがグラナディラ製の「L210SH」。豊かな響きと鮮明なアーティキュレーション、安定したロングトーンと、何よりも優れた音色が身上です。
トーンホールにはオーバーカットとアンダーカットが施されおり、サムレストにはすべり止めのためのロック機構が搭載。指がフィットしやすく、操作性に優れているほか、低音Eの補強用金属バーと右手小指F/Cキーに付いている連動キィのコンビネーションも演奏のしやすさにつながっています。

すべてのタンポにスタイリッシュで耐久性に優れたブラック・ヴァレンティノを採用。組み立てに関しても独自な発想が生かされており、それはステンレス・バネやストラップ用リングの付いた可動式サムレスト、そして特別にデザインされたキー・ワークに見て取れます。


■ 仕 様

・調子:B♭
・ベーム式、17キィ、6リング
・本体材質:グラナディラ
・キィ:銀メッキ


■付属品

・マウスピース
・リガチャー、キャップ
・オリジナルバックパック


ページのトップへ