ここから本文です

レッドオルカ 秋友義彦。 名品を作っている土佐鍛冶。
甲伏せ造りとは、日本刀と同じ製法で、高度な技術と経験が求められる難しい技法。鋼の中に鉄を割り込む技法で、心金となる極軟鉄に鋼を巻く技術で技法ができる名匠。秋友義彦が鍛え上げた、7寸 210mmの鎧通し拵です。

ハンドルにレインボーカラーにて麻糸を巻き込んだ仕様です。凄まじいまでの迫力を放射する鎧通拵は切れ味、雰囲気も最高の出来栄えとなっています。

全長約365mm 刃長約210mm 刃厚約6.5mm 約375g
ブレード材 日立安来鋼白紙2号

ハンドル材 樫に麻糸巻き レインボー仕様
義彦作の刻印入り、木鞘付、革バンド付きとなります。



人気新品 秋友義彦 7寸 レインボークロス巻き 210mm 鎧通し拵 レッドオルカ Orca Red-アウトドア、キャンプ、登山

関連サイト